スポンサーリンク

佃典彦の高校や経歴、生い立ちは?嫁(妻)や子どもはいる?演出家の代表作など

テレビ

佃典彦(つくだのりひこ)は名古屋を拠点にして劇団の主宰、演出家をされている俳優さんです。

佃典彦の高校や経歴、生い立ちはについてまとめました。また嫁(妻)や子どもの情報や、演出家の代表作なども紹介します!

目次

スポンサーリンク

佃典彦(つくだのりひこ)佃典彦の生い立ち

佃典彦は小学校の頃は成績も良くなかったし、凄い虐められっ子で、運動もできない幼少期だったそうです。

『学校に行っても来てるのか来てないのか分からない。とにかく先生に褒められるということがなかった(名古屋演劇アーカイブより)』そうです。

しかし、お芝居やることは好きで、3年生の学芸会の時に『王様の剣』というお芝居をやり、その中のたった一つのセリフで浅井先生という女の先生が「あなたうまいわねえ」と褒めてくれて、「みんな佃君のように台詞は言いなさい」って褒めてもらった時、人生が決まったそうです。

小学校6年生の時の卒業アルバムには「将来は役者になりたい」と書いてあるそうです。

中学高校と剣道部で演劇と全く関係ないまま過ごし、大学入って同じクラスになった水野君という凄く大人しそうな人が演劇部に入るって言うので、付いて行き、そのままの流れで名城大学劇団獅子に入ったそうです。

佃典彦の高校は?

佃典彦の出身高校は長久手高校という情報があります。

高校生の時は、剣道部に所属していたようですね。

佃典彦の経歴

佃典彦の経歴を紹介します。

佃典彦は大学から演劇部に入り台本を書くなど演出家としての活動を始めました。

佃典彦が入った当時は大学の演劇部、劇団獅子の知名度は低かったそうですが、とにかく名古屋の大学の中で一番になろうと思って活動し、3年、4年の当時には1番になっていただろう、と自負するほどになったそうです。

大学卒業時には就職が決まっていましたが、内定先を蹴って、B級遊撃隊を旗揚げしました。

その後佃典彦さんは数々の受賞やテレビ出演をされています。

佃典彦さんの受賞歴

1987年 第3回名古屋市文化振興賞『審判~ホロ苦きはキャラメルの味~』
1995年 平成6年度名古屋市芸術奨励賞
1996年 第2回劇作家協会優秀新人戯曲賞『KAN-KAN』
第4回読売演劇大賞優秀作品賞『KAN-KAN』
2000年 第6回劇作家協会優秀新人戯曲賞『精肉工場のミスターケチャップ』
2001年 第5回 松原英治・若尾正也記念演劇賞『満ち足りた散歩者』
2006年 第50回岸田國士戯曲賞『ぬけがら』
愛知県芸術文化選奨文化賞<個人演劇>

佃典彦さんのテレビ出演

ドラマ愛の詩『どっちがどっち!』(2002年) – 香取先生 役
よる★ドラ『恋するハエ女』第4話(2012年11月27日、NHK総合) – ヒカル 役
ドラマ10『全力離婚相談』第3話(2015年1月20日、NHK総合) – ゆりこママ 役
スペシャルドラマ『経世済民の男 第三部『鬼と呼ばれた男〜松永安左エ門』(2015年9月19日、NHK名古屋) – 小室恒夫 役
お母さん、娘をやめていいですか?(2017年) ‐ 村主栄三 役
1942年のプレイボール(2017年8月12日、NHK総合) – 石本秀一 役
半沢直樹(2020年8月9日、TBS) – 曽根崎雄也 役

佃典彦の家族、嫁(妻)や子どもは?

佃典彦のご家族や妻(嫁)について調べましたが、結婚しているという情報はありませんでした。

佃典彦の地元は名古屋で、名古屋を拠点に活動をされているので、結婚して妻(嫁)や子どもがいるとしたら名古屋に住んでいると思われます。

佃典彦の演出家の代表作は?

佃典彦の代表作としては『満ち足りた散歩者』(第5回松原英治・若尾正也記念演劇賞)、『ぬけがら』(第50回岸田國士戯曲賞)などがあります。

『満ち足りた散歩者』は第5回松原英治・若尾正也記念演劇賞、『ぬけがら』は第50回岸田國士戯曲賞の受賞を受けています。

まとめ

佃典彦の高校や経歴、生い立ち、嫁(妻)や子どもの情報や、演出家の代表作なども紹介しました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ芸能
スポンサーリンク
えがぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました