google-site-verification: googleebab1aef962cfd67.html
スポンサーリンク

エドワード・ヴァン・ヘイレンの代表曲は?誰もが知ってるキムタクドラマの曲も!

音楽

米メディアによると、米人気ロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリストとして活躍したエディ・ヴァン・ヘイレンさんが6日、咽頭がんのため死去しました。

65歳でした。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第70位、2011年の改訂版では第8位にランクインしているギタリストです。

 

エドワード・ヴァン・ヘイレンの代表曲・有名作品には一般の方も絶対知っている曲があるんですよ!

エドワード・ヴァン・ヘイレンの代表曲を紹介します。

スポンサーリンク

エドワード・ヴァン・ヘイレンの代表曲

エドワード・ヴァン・ヘイレンの代表曲を彼のバンド、ギタリストとしての曲合わせて紹介します。

エドワード・ヴァン・ヘイレンの代表曲として第一に出てくるのは『ジャンプ(Jump)』です。

『Jump(ジャンプ)』

エドワード・ヴァン・ヘイレンのことを知らないという日本人に代表曲を聞かれたら、まずこの曲を紹介すべきでしょう。

この曲は木村拓哉さん主演の『MR.BRAIN(ミスター・ブレイン)』(2009年にTBS系列で土曜8時から放送)のテーマ曲で使用され、テレビをよく見る人であれば誰でも聞いたことのある曲ではないでしょうか。

ジャンプ  ヴァン・ヘイレン

エドワード・ヴァン・ヘイレンのバンド、ヴァン・ヘイレン (Van Halen)にとって通算6作目となる、ロック・シーンの金字塔的アルバム『1984』の発売に先行して、1983年11月21日にシングル・リリースされた楽曲です。

全米チャート1位を記録し、その後5週にわたってNo. 1をキープした、メガ・ヒット曲。

アルバム『1984』は、全世界で1,200万枚以上のセールスを記録、全米最高位2位(1位はマイケル・ジャクソンの『スリラー』だった)を記録し、楽曲とともに80年代の洋楽を語る上で外せない重要作品となっています。(Warners Music Japanより)

マイケル・ジャクソン「今夜はビート・イット(Beat It)」1982年

エドワード・ヴァン・ヘイレンの代表曲2つ目はマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット(Beat It)」。

この曲も誰もが聞いたことのあるのではないでしょうか?

エドワード・ヴァン・ヘイレンを知らない人も、この曲を聞けば「あ、これを弾いていたのがエドワード・ヴァン・ヘイレンか!」と思うはずです。

Eddie Van Halen – Beat It solo Live with Michael Jackson

エドワード・ヴァン・ヘイレンとマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット(Beat It)」に関してはこんなエピソードがあります。

マイケル・ジャクソンの大ヒット・アルバム『スリラー(原題:Thriller)』では、主にTOTOのスティーヴ・ルカサーがギタリストを務めたが、『今夜はビート・イット』のギターソロに関しては、プロデューサーのクインシー・ジョーンズの頭にはひとりしか浮かんでいなかった。エディ・ヴァン・ヘイレンだ。レコーディングセッションのためにエディがスタジオ入りした時、ジャクソンは別のスタジオで作業していた。エディのギターソロを聴いたジョーンズは、曲をアレンジし直そうと決めた。「セカンドテイクを録り終えたところでマイケルが入ってきたんだ」とエディは、2012年にCNNのインタヴューで振り返っている。「“曲を台無しにした”とボディガードに僕を叩き出させるか、それとも気に入ってくれるか、いったいどちらだろう、という思いが頭をよぎった」という。ギターソロを聴いたジャクソンはエディの方を向き、「ワォ、わざわざ来てくれてギターソロを弾いてくれただけでなく、歌も素晴らしくしてくれて本当にありがとう」と感謝の言葉を述べた。ユニークな組み合わせが、両者それぞれに素晴らしい結果をもたらすこととなった。マイケル・ジャクソンはナンバー1ヒットを獲得し、ヘヴィメタル・ヒーローだったエディ・ヴァン・ヘイレンは、正真正銘のロックスターの座を手に入れたのだ。(Rolling Stoneより)

Runnin’ With The Devil(悪魔のハイウェイ)

エドワード・ヴァン・ヘイレンのバンド、ヴァン・ヘイレン (Van Halen)の代表曲として外せないのはRunnin’ With The Devil(悪魔のハイウェイ)。

Van Halen – Runnin' With The Devil (Official Music Video)

「悪魔のハイウェイ」は、後に『リトル★ニッキー』(2000年公開)等の映画のサウンドトラックに使用されました。

ヴァン・ヘイレン (Van Halen)とは

ヴァン・ヘイレン (Van Halen) は、アメリカのハードロックバンド。

ギターのエドワード・ヴァン・ヘイレン(Edward Van Halen) とその息子であるベースのウルフギャング・ヴァン・ヘイレン(Wolfgang Van Halen)、エドワードの兄のドラムスのアレックス・ヴァン・ヘイレン(Alex Van Halen)のヘイレンファミリーが中心メンバー。

『ジャンプ』のヒット曲の他、エレキギターの「ライトハンド奏法」を全世界レベルで広く普及させた事でも知られています。

バンドは92年にグラミー賞を受賞、2007年1月8日にロックの殿堂入り。
何度かのメンバーチェンジと活動休止を経て2000年代に入っても活動中です。

まとめ

エドワード・ヴァン・ヘイレンの代表曲・有名作品を紹介しました。

エドワード・ヴァン・ヘイレンのギターソロを聞きたい方はこちらもおすすめですよ!

15 Year Old Plays Thunderstruck Cover at Talent Show

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽
スポンサーリンク
えがぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました