スポンサーリンク

日テレの放送事故(2020年10月8日)の原因は?ダウンタウンDX前に何が?

ネットで話題

日テレで2020年10月8日21:55分頃から日テレの秘密のケンミンSHOWとダウンタウンDXの間に放送事故があったようです。

 

日テレで2020年10月8日21:55分頃から放送事故の原因について調べてみました。

目次

スポンサーリンク

日テレの放送事故(2020年10月8日)はダウンタウンDX直前に

日テレで2020年10月8日21:55分頃からダウンタウンDX直前に約2分半ほどの放送事故があったようです。

秘密のケンミンSHOWが終わった数分後に放送事故があったようです。

日テレであった放送事故(2020年10月8日)の一部始終は次のようなものだったようです。

  • 秘密のケンミンSHOWが終わる
  • 21:55分頃から放送事故、ピーという音とともに「NETWORK」との文字が記された画面が1分強表示
  • セミや海中、浜辺の映像に切り替わる
  • 通常のCMが始まる
  • 「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)は通常通りスタート

日テレの放送事故(2020年10月8日ダウンタウンDX前)の原因は?

日テレの秘密のケンミンSHOWとダウンタウンDXの間の放送事故(2020年10月8日)の原因はなんだったのでしょうか?

放送事故と聞くと、テレビでは放送できない映像になってしまったという放送事故を思い浮かべる方も多いと思いますが、『予定された放送を正常に行えない事態』が放送事故とされています。

予定された放送時間内において放送の「品質(媒体の技術的基準に加え、放送のかたち・内容を含む)」を満たさない状態(wikipedia

2020年10月8日の日テレの放送事故は、テレビでは放送できない映像になってしまったという放送事故ではないようなので、なんらかの事情で予定していた放送に切り替えることができなかったため起こった放送事故だと思われます。

 

しかし、2020年10月8日の日テレの放送事故には他に原因がある可能性もあります。

台風による電波の乱れ?

台風はまだちょっと早い気がします。。

携帯電話の700MHz帯の利用の影響?

テレビの地デジ化と当協会によるラジオマイク等の移行事業により空いた電波帯(700MHz帯)の携帯電話による利用がはじまっています。

700MHz帯は地上デジタル放送で使用する電波帯に近接しているため、使用しているの設備によっては一部のお宅のテレビ「映像が乱れる「映らないといった影響(受信障害)が出る可能性があり、テレビの受信に影響が出る可能性がある地区には、上のような「お知らせ」が配布されています。
しかし『ケーブルテレビや光ケーブルで地デジをご視聴のお宅には、影響はありません。』と書かれているので、2020年10月8日の日テレの放送事故はツイッターを見る限り地デジのテレビでも放送事故の現象が起きているようなので携帯電話の700MHz帯の利用の影響ではないと言えるでしょう。

送信機器トラブル?

調べてみると、大阪・読売テレビにおいては、この間、「まもなくダウンタウンDX」が放送され、この日出演するSnowManらのダイジェストが流れれいたそうです。

今のところ日テレの技術的なトラブルで「まもなくダウンタウンDX」の映像が放送できなかった、と考えるのが妥当でしょう。

日テレの放送事故(2020年10月8日ダウンタウンDX前)への反応

日テレの放送事故(2020年10月8日ダウンタウンDX前)への反応は様々ですが、面白がっている人、ネタにしている人が大半で、でも一定数「怖い」という反応があります。

ピーという音が長く続く異様な感じ、確かに怖いですよね。

まとめ

日テレで2020年10月8日の日テレの秘密のケンミンSHOWとダウンタウンDXの間の放送事故放送事故の原因について調べてみました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

新しい情報が入り次第更新させていただきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ネットで話題
スポンサーリンク
えがぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました