スポンサーリンク

唐田えりかの少女時代mv禁断の恋のストーリーの意味は?暗示も解説

芸能

唐田えりかさんといえば、最近東出さんとの関係で注目を集めていますが、東出さんの会見によって

「唐田えりかが魅力的だということがわかったww」とか

「唐田えりかの出演するmvが傑作が多い!」など、不倫以外のことも話題になっていますね。

 

唐田えりかの出演するmv(ミュージックビデオ)の中に少女時代の「DIVINE」のmvがあります。

実は、そのmvの映像で描かれるストーリーは”禁断の恋”の内容なんですが、少女時代の当時のグループの状況を暗示した内容なんじゃないかと当時ファンの間で話題になったんです。

 

まとめてみると、ほぼ確信的に暗示しているのがよくわかります!

今回は暗示の内容少女時代のグループの当時の状況について解説していきたいと思います!

目次

唐田えりか出演の少女時代mv

実際のmvはこちらです。

“メンバー出演Ver.”と“Story Version”があるんですが、唐田えりかさんが出演するのは“Story Version”です。

唐田えりかさんって声、可愛いんですね(笑)

 

この少女時代のmvが公開された2014年は、唐田えりかさんの年齢は15,6歳でしょうか?

サングラスをかけた大人のシーン、とても大人びて見えますね。

 

高校生役のシーンでは顔も少し子供っぽくみえ、さすが女優さんという感じですね。

教師&生徒 禁断の恋のストーリー?

唐田えりかさん演じる主人公とその学生時代(少女時代?)の演劇部の友人たち9人のストーリーのようです。

始めは唐田えりかさん演じる「一ノ瀬さん」と呼ばれる女性が主人公が大人になった姿。

サングラスをかけ、街を歩いていると学生時代の演劇部の友人の三島やよいに声をかけられ、そこから学生時代のストーリーに入ります。

主人公が転校した学校で演劇部の三島やよいに声をかけられ、演劇部に入ることになるのですが、1人の部員(美女)のクールな態度を除いて、明るい部員たちに歓迎され演劇部としての学生生活が始まります。

部員たちと演劇の練習をするうちにクールビューティな女子とも仲良くなり、2人は徐々に心を開いて話せる友達に。

明確には描かれていませんが、唐田えりかさん演じる主人公が顧問の先生が好きであることを、仲良くなったクールビューティ女子に話していると推測できます。

 

しかし、ある日の放課後、主人公が好きになった顧問の先生とクールビューティ女子が誰も居ない教室でキスしているのを主人公が見てしまい、クールビューティ女子と教師もそれに気づいてしまう…。

最後のシーンは演劇の本番中、クールビューティ女子が主人公に「ごめんね」とだけ告げ、主人公が涙を流して学生時代のストーリーは終わります。

途中で大人の主人公のシーンに戻るのですが、部員の友人Aが連れてきた旦那が学生時代の演劇部の顧問だった、というストーリーになります。

少女時代のジェシカ脱退騒動を暗示?!

唐田えりかさんが出演したこの少女時代のmvですが、「DIVINEがジェシカへの歌に聞こえるDIVINEはジェシカのために作ったって認めてよ。」「なんか怖いくらいジェシカに当てはまる大きな反響を呼びました。

View this post on Instagram

After hours 🌙💫✨ #dcmoments @lemeuriceparis

A post shared by Jessica Jung (@jessica.syj) on

スポンサーリンク

少女時代のジェシカの脱退

ジェシカとは少女時代のメンバーで、初期からメインボーカルも務めるグループの中心メンバーです。

 

彼女は2014年9月30日に少女時代から突如脱退します。

ファンはかなり驚きショックを受け、メンバーの不仲説など様々な憶測が出回りました。

 

唐田えりかさんが出演した少女時代のmvのこの曲は少女時代のメンバーのジェシカが脱退する前、最後の曲でした。

少女時代は9人のグループでしたがジェシカが脱退したことで8人になります。

 

mvでも演劇部の部員は9人でした。

 

歌詞もジェシカの脱退を予言??

「DIVINE」はジェシカの歌唱パートが多く、歌い出しと終わりもジェシカが担当しています。

 

「DIVINE」の曲の中にはこのような歌詞があります。

「あまりにも もろいのね 気持ちはたやすく揺れて 夜が明けると 消える 答え 探してる」

「怖いものなど なかったはずなのに ねえ 今はあなたを失いたくない雲の隙間 光照らす その日までは さよならは言わないで」

「轟くような 荒波を前に 私たち 何ができると言うのだろう この困難を そっと寄り添い 迎えよう」

これらの歌詞が、ジェシカの脱退を予言していた曲ではないか?とファンの間では話題になりました。

 

さらに4分18秒というMVの尺もジェシカの誕生日である4月18日を表しているのではないかという憶測もありました。

まとめ

唐田えりかさんは少女時代のmvに出演した2014年時点では今ほど有名ではありませんでしたが、今注目されたことをきっかけにmvも注目を集めていますね。

 

それにしても”禁断の恋”のストーリーに彼女が抜擢されるというのは、なんだか奇遇な感じがしますね。

 

まだまだお若いのでこれから逞しく生きていってほしいですね…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能
スポンサーリンク
えがぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました