google-site-verification: googleebab1aef962cfd67.html
スポンサーリンク

吾峠呼世晴の顔写真や出身地は?年収や印税がハンパない!鬼滅の刃作者・ワニ先生

ネットで話題

鬼滅の刃が最終回を迎えましたね。

人気の漫画やアニメって伸ばせるだけ伸ばす!という流れになるものも多いので、潔く終わるというのはかっこいい印象がしました。

若年層だけでなく芸能人にも読者がいて話題になっただけでなく、作者は吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)という謎に包まれた新人作家で、実は性別が女性だということでツイッターで炎上?騒動になったり、吾峠呼世晴先生の性格が強烈だということも知られるようになりましたね(笑)(別記事:吾峠呼世晴は天然?奇行・サイコパスエピソードまとめ!(鬼滅の作者・ワニ先生))

 

鬼滅の刃の作者である吾峠呼世晴先生(通称ワニ先生)が女性だということで、顔写真や出身地について調べてみました!

そして年収や鬼滅の刃での印税も予想してみました!

スポンサーリンク

吾峠呼世晴の顔写真や出身地は?

鬼滅の刃の作者である吾峠呼世晴先生(通称ワニ先生)の顔写真や出身地について調べてみました。

吾峠呼世晴先生(ワニ先生)は残念ながら顔写真は公開していなようです。

漫画家さんは顔写真は公開しない人も多いので、珍しいことではないのですが、ちょっと残念です。。

 

吾峠呼世晴先生(ワニ先生)の出身地はniftyニュースによると

「性別すら明らかにしていませんが、処女作は2013年、24歳の時に書き上げた『過狩り狩り』なので、今は31歳前後。これが鬼滅の前身になった作品です。この時は福岡在住となっており、コツコツ新人漫画賞などに応募していたようです。初連載を機に上京し、初めてアシスタントなどを雇うのに、先輩漫画家の事務所を見学に行ったとか」(ジャンプ関係者)

ということで福岡出身とされていますね。

現在は東京で活動されているようですが、家庭の事情もあり、長く東京で漫画家生活を続けることはできないようで、連載終了のタイミングで実家に帰るのではと囁かれているそうです。

吾峠呼世晴の年収や印税は億超え?

吾峠呼世晴先生(通称ワニ先生)の年収や印税を予想してみようと思います。

吾峠呼世晴先生(通称ワニ先生)の印税は?

吾峠呼世晴先生の「鬼滅の刃」の単行本の累計発行部数は2020年5月13日発売の20巻までで電子版を含め6000万部を突破していて、一冊が440円です。

そのうち10%(コミックの場合8~10%が相場)が印税として吾峠呼世晴先生がもらうとして計算すると…

26.4 億円!!!

 

国家予算レベルですね。

すごすぎです…

吾峠呼世晴先生(通称ワニ先生)の年収は?

吾峠呼世晴先生にはさらに週間少年ジャンプに掲載されているため原稿料が入ってきます。

連載作家(新人)は1ページで12000円くらいと考えると(バクマン。より)、1週あたり19ページとして1カ月4週で計算すると91万2000円です。

年収にすると1 094.4 万円!

「鬼滅の刃」は4年3カ月連載が続いたので、原稿料のトータルは4 705.92 万円以上と考えられます。

まとめ

吾峠呼世晴先生の顔写真や出身、そして年収や「鬼滅の刃」の印税について調べてみました。

今回計算した吾峠呼世晴先生の原稿料としての年収や印税以外にもTVアニメや劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」もあり、さらに関連グッズや取材のギャラなども含めるとその金額は計り知れません。

顔写真や本名を含めまだまだ謎の多い吾峠呼世晴先生ですが、莫大な収入を得て出身の福岡に戻られるのでしょうか?

これから吾峠呼世晴先生がどのような人生を送るのか、知る由もなさそうですが気になりますね…!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ネットで話題
スポンサーリンク
えがぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました